ご  挨  拶


岡崎葵ライオンズクラブ
第51代 会長  森 太郎
(2020.7.1〜2021.6.30)


 2020年夏、本来なら東京オリンピックによる平和的熱狂に在るはずの今、コロナ渦の下に世界が戦慄の渦の中におちいってしまいました。通年であれば、メンバーの誰かが船出と祝辞を述べて頂けるところ、現実のクルーズ船と同様に停泊を余儀なくされている次第で在ります。
 その様な渦中ではございますが、甚だ過分ではありますが、岡崎葵ライオンズクラブの第51代会長の座に就かさせていただくことに成りました。周りからは、前年度の50周年が終わり、次の50年、100年へ向けての第1歩とか、今まで、諸先輩が方が盛り上げ、築き上げた岡崎葵ライオンズクラブの伝統や名誉、誇りの上にとか御口授戴き、「真に言い得て妙」だと存じます。
 当然私も、その様に考え、どのような年度にする事が出来るのか自問し、微力ながら頑張りたいと思います。全く予測もつかない年度ではございますが、私の想いは、任期中に何か物理的な物を残すのでなく、任期終了時に1人でも多くのメンバーの記憶の中に「たのしかった。」「面白かった。」と言ってもらえたら嬉しく感じます。その為に私は、ライオンズの誓いの「友愛」と「相互理解」の精神を引用させていただき、それを基本理念として活動していく所存です。
 また、前年度会長のL.太田雅夫におかれましても、当クラブの50周年行事が延期となっており、現状に於いて今年度中に実行可能かどうも見えておらず、心休まる時が未だおとずれない状況であります。但し、実行可能に至った場合は、どの年度に於いても岡崎葵ライオンズクラブ50代会長 L.太田雅夫に全面的に協力して頂きたく存じます。
 幸せな事だと思いますが、私は2世ライオンで、私の父、故森靜平も当クラブ第26代会長を務めさせて頂いており、私は入会以前からメンバーの方々にお世話に成りました。
 故に、この度職務を遂行し、少しでも恩返しする機会をあたえて頂き感謝すると同時に決意させて頂きます。多分に不手際も有ると思いますが、経験豊富な先輩方、信頼できる仲間、何より優秀で有能な幹事のL松尾景紀がいますので、現時点に於いて停泊を解かれるのを待つ大船に乗った気持ちでいます。
 最期に歯牙無き1年が、遠い未来に「ONE LIONS」の礎の一握の砂にでもなれたら幸いです。






Copyright(C) LIONS INTERNATIONAL DISTRICT 334-A-4R-1Z 岡崎葵ライオンズクラブ All Rights Reserved.